大人の嗜み

大人になってから楽しめる娯楽の一つであるお酒。
子供の頃、親など身近な親戚がお酒を飲む姿を色々な形で見て、憧れや時に嫌悪感など、それぞれに思い浮かべるお酒のイメージがあると思います。
自分が大人になると付き合いも増え、職場仲間、古くからの友人、親戚と様々人達と交流の機会としてお酒との付き合いも増えますよね。そんなお酒とどうすれば良い付き合いが出来るのでしょうか。

何処の飲み会でも必ず1人や2人は見かける酔っ払い。アルコールには時として、人に正確な判断を出来なくしてしまう事があります。悪気はなくても酔っ払ってしまい、友達やお店の人、全然関係がない他人にまで迷惑をかけてしまった事がある人もいると思います。後から思い返せば『なんであんな事してしまったんだろう』と後悔したり、恥ずかしい思いをする事も。
「酒は百薬の長」とも言われますが、それはあくまで「適量ならば」という事です。
酔っ払ってしまえば体にも悪いです。二日酔いになってしまっては何も良い事などありません。年を取れば誰でも酒が残るようになるんです。

そうならない為にはたとえ盛り上がっても、人に勧められても、自分の意志をしっかり持って、無理なく、飲み過ぎないように注意して楽しみましょう。
飲む量を抑える。ふざけて一気飲みなどしない。間に水を挟んで飲む。心配して止めてくれる人の意見にしっかりと耳を傾ける。
少し心がけるだけで変わります。つい、飲み過ぎて失敗してしまうとせっかくの楽しかった時間が台無しになってしまいますので気をつけましょう。
子供の頃からお酒に対して嫌悪感を感じている人は、そんな大人を見て育ってきたのではないでしょうか。

しかし、本来はそうでなく、正しく飲むお酒は美味しく、楽しく、人と人をつなぐ事ができる素晴らしいツールです。お酒がある場所では色々な知識や情報、人の色々な考え、新しい発想を見つける事ができます。
お酒と上手に付き合える人は人との付き合いが上手いものです。

そして、飲んで帰宅する時にはくれぐれも車や自転車の運転をしない事。
罰則が厳しくなっても、様々なメディアで取り上げられてもまだまだ無くなっていないのが現状です。
飲酒運転は自分だけでなく、周りの人間、他人をも多大な不幸を与えます。迎えに来てくれる人、タクシー、代行、必ず家に帰る時の事まで考えて飲めるのが大人のお酒です。

しっかりルールとマナーを守ってお酒を楽しみましょう。それまでが「お酒は大人の嗜み」というものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA